東美濃ナンバーを実現させよう!

 平成29年(2017年)5月、国から地域独自の図柄をデザインする地方版図柄入りナンバープレートの導入と3回目のご当地ナンバーの募集が発表されました。
 これを受け、リニア等で注目を集める当地域を全国発信できる機会と捉え、経済団体と行政等が一体となって地域振興や観光振興を図るため、岐阜県で初めてのご当地ナンバー「東美濃」ナンバーの実現を目指すこととし、6市1町(多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市・可児市・御嵩町)の商工会議所会頭、商工会会長、市町の首長、市町の議会議長、自治会代表、観光協会代表で構成される「東美濃ナンバー実現協議会」が10月12日に設立されました。

今後この協議会で、「東美濃ナンバー」導入に向けた取り組みを推進していきます。 (↓画像をクリックするとPDF16.3MBを表示します)

 東美濃ナンバー導入に関する、進捗状況をご報告します。

 「東美濃ナンバー」の導入を目指す6市1町では、県知事へ導入の意向表明をいたしました。12月に県知事から国土交通大臣に意向表明をした後、平成30年(2018年)1月には「住民意向調査」が実施されます。その際には、賛成の意思表示をお願いいたします。

 東濃地域を中心とした6市1町(瑞浪市、多治見市、土岐市、恵那市、中津川市、可児市、御嵩町)は、10月12日に自動車の地方版図柄入りナンバープレートとして、新たな地域名表示「東美濃」の登録を目指す「東美濃ナンバー実現協議会」を設立した。
 多治見市産業文化センターで第1回協議会を開催し、6市1町の商工会議所会頭、商工会会長、首長、議会議長、自治組織代表者、観光協会会長などで構成し、会長には、田代正美多治見商工会議所会頭、副会長に鷲尾賢一郎瑞浪商工会議所副会頭、幹事に加藤恒文笠原町商工会会長を選任した。
田代会長は、あいさつで「東濃は東京ではなかなか分かっていただけない。岐阜と言えば美濃であり、美濃の東と説明すればわかりやすい。地域が一緒になって活動することで観光振興もやりやすくなる。ぜひ地域一帯となってご当地ナンバーを実現したい。」と述べた。
 10月中に6市1町から県知事へ導入意向の表明、その後12月に県知事から国土交通大臣に導入意向を表明する。協議会では、周知活動やに住民意向調査を実施し、2020年からの実施を目指す。

 東濃6市商工会議所連絡協議会(瑞浪、可児、多治見、土岐、恵那、中津川)は、自動車の「地方版図柄入りナンバープレート」(ご当地ナンバー)として、「東美濃」ナンバーの導入を目指し、東濃6市の各市長および各市議会議長あてに要望書を提出した。
 「東濃」という呼び方は地元では浸透しているが、全国的には知名度が低いため、美濃地方の東部という本来の意味を表し「東美濃」と提案した。これをご当地ナンバーとして全国に発信することにより、この地域の認知度を高め、観光誘客や地域振興に繋げる構想である。
 瑞浪商工会議所の鷲尾賢一郎会頭は、9月5日に瑞浪市役所を訪れ、「この地域を活性化し、元気にしたいという想いから、東美濃ナンバーの実現を目指すこととした。行政のお力添えをお願いいたします。」と述べ、水野光二市長に要望書を手渡した。
 東濃6市商工会議所連絡協議会は、今年7月に中部経済連合会と連携して「ツーリズム東美濃協議会」を立ち上げるなど、協議会エリアの観光振興を主軸に地域の活性化を図るべく取り組んでいる。ご当地ナンバーに関しては、今後、県に対して導入意向の表明を行い、導入申込、地域住民へのアンケート・ヒアリング、デザインの検討・募集等を経て、平成32年(2020年)の交付開始を目指す。

Q1.  東美濃ナンバーになるのは、どの地域ですか?
多治見市、中津川市、瑞浪市、恵那市、土岐市、可児市、御嵩町に所在地のある自動車です。(6市1町に使用の本拠の位置を置く自動車)

Q2.   いつから交付されますか?
2020年から交付予定です。一斉に変わるのではなく、新たに自動車を購入した際に「東美濃ナンバー」になります。

Q3. 「岐阜ナンバー」の自動車は「東美濃ナンバー」に変わりますか?
現在、ついている「岐阜ナンバー」はそのままです。2020年以降に新たに付与されるナンバーは全て「東美濃ナンバー」となります。
(注)本人の希望により有料で「東美濃」ナンバーに変更することはできます。

Q4. 「岐阜ナンバー」と「東美濃ナンバー」を選択できますか?
選択することはできません。2020年以降は新たなナンバー「東美濃ナンバー」のみとなります。

Q5.  どうして「東美濃」なの?
岐阜県南部の旧国名は、「美濃国」であり、その名称は全国的に浸透しています。
美濃国の東部が「東美濃エリア」であり、古くは中山道、現在は鉄道網、高速道路網によって文化・経済交流が盛んに行われています。
6市1町が一体となって。地域の歴史や伝統文化、地場産業等の地域資源を生かし、地域振興、観光振興を図るうえでは、「東美濃」という呼称が適していると考えています。

お問い合わせ先
瑞浪商工会議所
TEL:0572-67-2222 Fax:0572-67-2230 Email:info@mzcci.or.jp